スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/30(水)、メジャー2nd「マイネームイズラヴソング」をリリースします。

こんにちわ。Neruです。
ブログなんて書くの何年ぶりだろ。

Twitter等でも告知させてもらいましたが、
9/30(水)にメジャー2ndアルバム「マイネームイズラヴソング」をリリースさせていただく事になりました。
以下、情報まとめる。

――――――――――――

MNILS_Jacket
Major 2nd Album「マイネームイズラヴソング」2015/9/30 Release
http://nbcuni-music.com/neru/
ジャケットイラスト:しづ

【初回限定盤(+特典CD)】
 GNCL-1258 ¥3,000+税
<初回限定盤特典>
【スペシャルCD】
 シーンを代表するクリエーター達がNeru作品をリアレンジ
[参加クリエーター]
 おさむらいさん、ナブナ、ピノキオP、まふまふ、150P、他

【通常盤】
 GNCL-1259 ¥2,000+税

【収録曲】
・アノニマス御中
・イドラのサーカス
・テロル
・ばいばい、ノスタルジーカ
・人生は吠える
・脱獄
・世界を壊している


【店舗特典】
●アニメイト : オリジナル缶バッジ[イラスト:りゅうせー]
http://u777u.info/mUFB
●タワーレコード : 未発表音源CD
[“ロストワンの号哭”Neru自身によるリミックスバージョン]

http://u777u.info/mUFK
●TSUTAYA: オリジナルクリアファイル[イラスト:456]
http://u777u.info/mUFE

特典は数に限りがございます。各店舗様にて無くなり次第終了となりますので、
 詳細に関しては各実施店舗様にお問い合わせください。
*特典のデザインにつきましては、変更となる場合がございます。

【その他通販】
Amazon : http://u777u.info/mUGE
HMV : http://u777u.info/mUGJ
とらのあな : http://u777u.info/mUGN


――――――――――――

ここから先は僕の駄文なので読まなくても大丈夫です。

マイネームイズラヴソング。
振り返るまで自覚はなかったが、結局のところ僕はどの曲でも心の中の同じ色した部分を
違う言葉で書いていただけのような気がしたのだ。
深くは考えなかった。だからそのままタイトルに持ってきた。
詳しく語る機会があればその時にでも話したい。
文字でなく喋りながらでないとこういう話は苦手だ。


聴いてくれるみんなを驚かせたかった。
今思えばとても子供じみているが、それ以上もそれ以下でもない文字そのままの動機で、
僕はこの2年半を走り続けていた。あ、いや、傍から見たら亀歩きだったかもしれない。
とにかくヘタクソな変化球を投げ続けてきたが、それでも受け止め続けてくれた方々には、
僕のわがままに付き合ってもらって本当に申し訳なかったのと同時に感謝したいです。
だって、僕だったら狙いの定まらないピッチャーのPatient、この例えでいうキャッチャーなんて御免だ。

けど、細々としたマウントではカーブを掛けられても、
結局アルバムのような広いグラウンドでは僕は僕の知っている僕、要するにストレートで投げるフォームを自然ととっていた。
計画的に進めてそうなったわけではない。
アルバムを作る上でこれは違うなと直感であれこれ削いでいった結果、そうなっただけ。
まあ口径の違う弾丸を銃身に押し込めるはずもなく、道理に適っているなと自分では腑に落ちている。

「この街道、僕は何度かこの瞳で見てきたぞ。そういえば、2年半以上も前からだったな。なんだ、結局何者にもなれなかったじゃないか。」
そういった、まるで急がば回った結果自分でもゴール地点の方向を見失い、
彷徨った挙句に知った道に入ったら元の場所に戻ってきたようなアルバムになったような予感がしている。
つまり、その全力失踪中での非常に情けなくて恥ずかしい日々を何曲も詰め込んでいるわけだ。

なんだが、売り文句とはかけ離れた購買欲もクソもあったもんじゃない文章になってしまったが、
別に売れようが売れまいが僕には関係ない話なので、僕は僕に嘘を吐かず、思ったままの事をここに書いておく。
良かったら買って笑って下さい。面白いかわかんないですけど。


これは余談の余談だが、
遥か昔のNeru少年、草野球をやっていたが自分でしたくてしていたはずもなく、
ある日、監督に「お前、やる気ないなら帰れよ!!」と喝を入れられたところ本当に帰宅した模様。
それっきり野球はやっていない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。